欠席届

欠席届は、授業をやむを得ない事情で欠席したこと(無断欠席ではないこと)を証明する書類です。

欠席届を提出したとしても、欠席がなしになるわけではありません

そして、科目担当者によって欠席届の対応は異なります。科目担当者によっては、欠席届を提出したとしても、配慮がない場合があります

上記をご理解のうえ、欠席届を申請してください。

なお、欠席届は事前に申請するものではありません。欠席した後に申請をしてください。

欠席理由

〈欠席理由[添付資料]〉

[診断書または病院を受診した事実が分かる資料(領収書等)]

[診断書または陽性判定が分かる資料(検査キット不可)※病名が記載されていること]

[事故証明書等]

[会葬礼状等]

[延着証明書・計画運休が分かる資料・webに掲載されている情報等]

[不要] ※教育実習、保育実習、介護等体験、心理実習

[大会名等が分かる公式書類]

[採用面接、試験の内容が分かる書類・メール等

(3年次後期以降に選考が伴う企業との機会(インターン・会社説明会は不可)・内定式)

[不要]

教育的配慮

新型コロナウイルスおよび季節性インフルエンザに罹患した場合に限り、あなたが希望すれば教育的配慮を受けることができます。

《教育的配慮とは》

新型コロナウイルスや季節性インフルエンザに罹患した場合は、大学への入構が制限されます。

学修機会を担保するため、欠席した日の授業内容について、科目担当者より個別に学修するための教材提供や機会を受けることを教育的配慮といいます。

この教育的配慮は、科目担当者が自動的に配慮するものではなく、学修者である皆さんからの申請が必要です。

手続き方法

申請期日:原則として、最終欠席日翌日から7日以内(土日祝・大学閉鎖期間は含まない)

(例):1日(月)・2日(火)・3日(水)を欠席→申請期日は、12日(金)(最終欠席日は3日(水)となるため、その翌日から数えて7日以内)

欠席届申請期間について.pdf

「2023年度後期欠席届(Formが開きます)」を押して、手続きをしてください。